吐息
つぶやき。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
私の中の私の数。
森博嗣氏の小説は、S&Mシリーズだけは主に好きで読んでいるわけですが、

その表現の中で、犀川センセの人格の感じ方?みたいなところが、一番共感するところです。



まー、そんなに天才じゃないので、おこがましいところまありますが(笑)


私は、本当に、何にも興味を抱かないのか?

というと、きっと、答えはNoなのです。


むしろ、何をやっても新しい経験は面白いということを知っているために、何にでも興味をもってしまって、簡単にのめりこんでしまうことを知っているために。。。それによって、他のことが何にもできなくなることを危惧して、社会性を重んじる人格ができるだけそういう危険なものを遠ざける。


そっちの方が近いのかもしれない。


「どうでもいい」

でも、それは、別に、どれにも興味が無いというのではなくて、どれを選んでもそれはそれとして、面白いだろうと、面白いところを見つけられるだろうと…、面白く無くてもそれ自体がネタだよねと。。思ってしまうがゆえに。選べなくなる。



就職の面接でも、そういえば、そうだった。

「最近のニュースで、何か気になった記事はありますか?」

とたずねられて、とっさに答えられなかった時。

何も思いつかないのではなくて、いろいろ思いついてしまって、困る。



「結婚したらやめてしまう女性が多いんだけどどう思うか?」みたいなのをその前の質問で話していたので、それにからめたニュースを持ってきたけれど。。。



方向性を定める何かが、自分の人格にはかけているのかもしれない。

つまり、指向性。



何をするためにそんな性能のPCを買ったのか。。。

というような、感じの、自分。

競合する人格が多いので、難しいのかもしれない。

何か、自分を投入できるその指向性をつけたいな、ということを目下、思案中。

それが仕事の方向に向いていないというのは、ちょっと悲しいことかもしれないですがw
スポンサーサイト
【2007/12/28 00:38】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0)
私がほしいもの。
何が欲しい? 何がしたい?

何を食べたい? どこに行きたい?



そんな問いかけに、途方にくれた眼差しを向ける。


自分のことなのに、そんなことも分からないのか?


そう言われて、うつむいて、そして、途方にくれたため息をつく。


口を開いても、そこから、何の意味を成す言葉も出てこない。

声にならない言葉。


自分が空っぽだと思う瞬間。



わざわざ、ほしいものを造らなきゃならないのかな?

何のために?



情報誌に詰め込まれた「誰かがほしがっているもの」を眺めながら、やっぱり、私は、途方にくれる。



ほしいものがなくなって、別にいいんじゃないかな?

と、ためらいがちにつぶやく。
【2007/12/25 01:07】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0)
夢と希望のエネルギー
無気力、無関心、無感動と昔から、よく父に言われていると~みんです。



相変わらず、その辺り、変わっていません。



それでも、昔よりは、(一般的に)かわいい(らしい)ものを見て、「かわいい!」と言えるようになったし、「ちょうどメールしようとしてたところに、そっちからメールがくるなんて、びっくり!」と言えるようになったものです。



実際に本当に、かわいいと思って、かわいいと言っていることもある、と思うんですが、これは「かわいいと言うべき概念のものなのだ」とすりこんできた努力によるところもあると思います。とくにびっくりしたという感情を抱いていなくても、ここは奇遇なタイミングなんだからびっくりした方が自然だなと頭の中で計算してしまうことがあります。



シンプルに言えば、感情表現が苦手なだけ……否、表現ではなく、感情をもつことが苦手な場合があると、いうことなんじゃないかなと最近は自分について分析しています。



何をもってかわいいと思えばいいのか、感じればいいのか、基準がないのです。先のことなんて分からないのに、偶然のタイミングの一致が起きたからといって、なぜ驚かなければならないのか分からない。驚くというのは、この場合であれば、相手からメールが送られてくるということはないと頭の中で決めているから、送られてきた時に驚くのでしょうけれど、そういう予断をもっていなければ、それほど驚くべきことのように思われない。



そんな自分を、更に客観的に見て、

つまんない人間だなあ、と思うのですが……。



夢も希望も持たない代わりに、落胆も絶望も持たない。

冷たい人間だな、と思うのです。



かわいいってなんだろう。きれいって、何だろう。確かにこれは美しいんだなあと思うこともあるけれど、それがなんだって言うんだろう。イルミネーションは確かにきれいだ。キラキラピカピカ眩しいほどに明るくて、にぎやかで、でも、そりゃあそんな風に光を集めて、形作って、光らせれば目を引くのは自然なことで。綺麗なのかもしれない。少なくとも贅沢で。けれど、それは、それほど意外ではない。独創的でもない。新しくもない。



造られた何か。


ほーら、綺麗だろう? ロマンチックだろう?

見て! 感動して! 歓声を、もっと歓声を!


そんな声が聞こえてきそう。


おしつけがましい、見世物。


それも悪くはないのだけれど、本当に悪くはないのだけれど、

やっぱり、どうしても、それを見て気分にひたることができなくて、

そんな自分が、ダメなんだろうな、と思う。



合わない。

ただ、それだけ。



これが、私、なのです。



無気力、無関心、無感動。


少しでも、そうではない何かがほしいのだけれど、

分からない。


夢は目標と違う。希望は幻想と紙一重で。

信じられる純粋さを、どうやら持ち合わせていない私は

夢と希望のエネルギーを、いつも不思議に思う。

眩しくて、あこがれる。その熱を、いつか

信じることが出来る日は来ないものかな、と願う……。


寂しい人間なんだ。
許して(苦笑)
【2007/12/23 23:47】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0)
無駄とは、最大の贅沢だと思う。
人に言うとよく分かってもらえないことも多いのですが、無駄は最大の贅沢だと思っていると~みんです。社会人となった今、学生時代のよくよく意味の無い時間の多い生活を振り返って、より強くそう思うのです。



無駄な時間。無意味な言葉。駄文。

虚飾。虚勢。浪費。空費。



その対極は、

有意義な時間。効率が良い。実用。

実質。実力。堅実。経費。



色合いがずれているところもありそうですが、そんな感じでしょう。



効率も大切だけれど、無駄を楽しむ余裕ももちたい。

無駄な時間、余分な時間。

非効率ではあっても、その手で何かを創りだすその過程。

ありえないと知っていても、物語の世界を楽しんでいたい。



本当に食うか食わずの生活をしていたら、きっと、無駄を駆逐しなければと考えるのかもしれない。しかし、幸運にも、食っていけるだけの生活ができていて、無駄に時間を過しても、やっていけるのだから。



人が虚数(i)を生み出した時、その、実際にはありもしないその数が、世界を創った。表現の領域を一息に広げた。数えられる数では、目に見える数値では、表現することの出来ないその世界を形にした。



虚飾に満ちた世界。

けれど、その虚飾もまた、実像を映すための一つの何かなのではないかと。

意味のあるかもしれない何か。たくさんの可能性。



効率よい時間の使い方。計画的に動くこと。贅肉を省いて、回り道をしないで、まっすぐに目的を達成する。それは、それで、きっと賢い生き方なのかもしれないけれど。せかせかと働いて、人はまるで時間を貯めようとするかのように。無駄を削って、計画通りに、機械のように働いて。タバコの煙を燻らせるのは灰色のひとびと。



世界はどんどん色あせて、色あせて、ぎすぎすとしていく。



そのイメージはミヒャエル・エンデのモモの世界で(笑)



だから、時間の花をその手に抱いていたいと思うのかもしれない。

無邪気に無駄話に付き合って過したりするような時間を

私は好きだなと思うのです。



とても、贅沢なことに。
【2007/12/19 01:11】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0)
ブログとは何か。
ブログはもともと日記とは違う意味で使われていたらしいとは、よく耳にすることですが、実質日本ではウェブ上で公開されている日記のようなものを指す言葉として扱われているということもよく言われます。



定義と実質。



語源をさかのぼれば、こういう意味だったはずだけれど、広まっていくうちに変化していくというのはよくあることですよね。



さて、自分にとって、ブログとは何か? 私は、ブログとは、こうやって文章を打ち込むだけでレイアウトしてくれる便利なツールとして理解しています。



HTMLを打たなくても、作成ソフトを使わなくても、インターネットで自分の意見を公開できる。こういったところが、自己表現の場として、愚痴を吐き出す場所として、日々のちょっとしたことをつぶやく場所として、利用される理由となったのでしょう。



そうして、適当につぶやいてきて、愚痴はほどほどにしましょうと気づいたのが、今日この頃です。今更のような気がするんですが、生々しい愚痴なんて、人様に見せて気持ちのいいものではありませんしね。



ただ、それが、その時点では救いになっていたという面も確かにあるので、そういった場所を借りて愚痴ることについては、見ちゃった人、ごめんなさい。ありがとうございます。くらいということでご容赦願いたいところです。



そんなわけで、心機一転、ブログを再設置いたします。

ここのところ、なんだか文章を書く機会が減っているので、もう少し積極的に自己表現をしてみるのもいいかなっという気持ちで、エッセイは多分無理なので、せいぜいエッセイ風に気になったネタについて語っていこうと思います。



まあ、誰が見てるんだか謎ですけれど

通りすがった方、適当にお付き合いください。m(_)m
【2007/12/16 00:45】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0)
プロフィール

名無しは音無くつぶやきます。

to_min

Author:to_min
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。