吐息
つぶやき。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ひさしぶりに。
ここ。

悲しいかな。なんだか最近、仕事以外でネットにつなぐという気持ちが、どうしても、わいてこなくて困っています。
理由は多分単純で・・・「なんか嫌だから」という、よく分からないもやもやとした抵抗感、なので、とても、手に負えない。うーん。

ひさしぶりに開いた自分のHPにおどろく・・・
ああ、なんかちゃんとやりたいなぁって触ってた名残が・・・
できんじゃん、と思いつつ、あのときの気持ちはどこに・・・

近況は、結婚しました。
に尽きるのですが、気持ちの盛り上がりがなく、途方にくれています。ここには書いてないけども、同棲生活3年くらいの延長線上、だからかな。

うーん。

仕事がしんどいです。仕事がしんどいです。
多分、それが私のいろいろな余裕を奪っている原因です。
でも、私には、よく分からない。

人手が足りない。たった3人のチーム。
それなのに、会社は、明らかに適性のない人をずっと雇い続けている。そのうえ、1人減らした分を補わないで、うまくいってることになってる。そのいなくなった1人分、その前にやめてしまった営業リーダー(社歴8年)の経験値・・・新しいリーダー入ってきても、彼にこれまでの状況を教えるのがなぜか私の仕事。ずっと負わされているのに、なんか、給料だけが内勤扱いになって、下がってしまった。
ああ、ついでに権限も・・・。新しく入ってきたリーダーの承認がなんにでも必要だし、こっちに情報入ってくるのワンクッションおいて大分遅れてきたりこなかったり、でこっちから聞かないと段取り遅いから・・・なんだか、降格処分。

うーん・・・

しんどい。

数字あがらなくても、仕事は減らない。
というか、マーケティングサポートのお仕事は私のジョブディスクリプションじゃない・・・。けど、誰も居ないから仕方がなくやってるだけで、手一杯で、とうとう装置ぶっこわして・・・。
「1人減ってるからだ・・・。負荷が大きすぎる」
ってつぶやいてたら、社内の人に「反感買うからやめなさい」っていわれるし。

うーん。


「どこの部署も人が足りないんだから・・・」
「○○さんだって、我慢しているんだから・・・」(我慢しなさい)
って言われると、なんか、我慢できる人はいいけど、我慢できない人はどうすればいいのか、と思うのです。我慢して、我慢して、壊れてしまってからじゃあ遅いですしね。

それに何より、精神的に負担なのは、本当に、人が足りないのに少数非精鋭、つまり3人居るのに、1人をサポートするために、残りの2人はタスクの3割くらいを、彼および彼に期待される業務にさかないといけないくらいの非精鋭が混ざっていたりすると、本当に・・・

数字が上がらないのはそんな人を雇い続けている会社のせいなんだが。それならそれで、数字をあきらめて、マーケティング活動を減らさないと私がもたないけど、、、まあ、もたなきゃやめろ、代わりは(きっと)いるからっていう、なかなかとっても上からな雰囲気。それで前のリーダーにやめられて、後任決まらなくて、私に全部押し付けて「やめます」って言わせて、その適性のないもう1人に「次の人入るまでやれ」って言ったがために、全然種まきできていなくて新しく入ったリーダーの最初の半年は全然受注がなくなって、案の定、数字落ちたのに、それを原因で1人異動しても補充なしとかさ。

でも異動しただめな人が戻ってくるのが怖いから、人が足りないっていえなかった。
とうとう会社やめてくれたから、言える、けどなぁ。女の世界は、それはそれで怖いね。


はぁ。



がんばります。
スポンサーサイト
【2014/08/13 22:21】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<世の中って難しいなと思うこと | ホーム | ふぅ。。。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanasinotoiki.blog69.fc2.com/tb.php/180-f7b7e092
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

名無しは音無くつぶやきます。

to_min

Author:to_min
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。