吐息
つぶやき。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
大人になるということ。その2。
というわけで、いまいちしっくりこないまま。

悩み続ける若者です。半分嘘。

テーマが深いので、一概に言えることではないんだろうなあ、

と言ってしまえば終わりなわけですが、もう少し。



大人といっても、中にも、若者、老人という区分けもあるわけで、

現状の自分の年齢といえば、身近な中では、大人と呼ばれること

よりも、若者と区分される方が多いような気がします。



ま、実際のところ、この年齢(二十代終盤)で、シャカイジン二年目なので、二年目の他の人々の中に混ざって若く見られがちというところもあるようですが、若く見られたいのは基本的に女性の願望なので…よしということにしておきたい。

気にし始めると疲れますからね。



うん。。ただ、あれです。

いつまでも何年目というのでひとくくりにされるのは、さすがに嫌だな。とは思います。もちろん、経験は大事だろうけれど、皆が同じ速度、同じ密度で経験値を積んでるとは限らないと思うんですがね…。



ま、私が考えることではないし、まあ、どうしても嫌なら転職すればいいんだろう…。



さて、話をもどすと、大人にまつわるえとせとら。

例えば、対義語を考えてみましょう。大人の反対は子供。



大人=成熟

子供=未熟



でも、未熟=若者といういわれかたもあります。

だから、なんというか、大人の中にも未熟な成分は含まれそうです。

成熟のあと、熟しすぎると、実は落ちます。



若者といえば、老人。あとは、中年とか、青年とか。



で、先日の続きですが、大人を諦められる人、しかたがないことを、しかたがないと反発しない人、世の中のことについて、こんなもんだと折り合いをつけていきていければ、クールなんじゃないかなあと思ったのですが。。



全てに諦念を持ってしまう、となると、それは、大人というより、老人になっちゃいそうなんですね。

穏やかな余生をおくる雰囲気。

まったり人生の醸造期間。



ですから、折り合いをつけて生きて行ける人は、

大人というか、老成した大人。



なので、一概に大人のイメージにいれこむのもあれですね。

ちょっと元気がなさすぎるんじゃないかというのも確かなことです。



ま。そんな感じで。

やっぱり、自分で自分の行動に責任をとれる、

ように行動できる。くらいで、かっこいいかな。

私的大人のイメージ。



折り合いつけるのもいいけれど、

若さと呼ばれるようなエネルギーは

まだ、持っておきたいと思ったのでした。



ひとつ。子供を持つ親となると、また、違う考え方もあると思うのですが。
スポンサーサイト
【2008/04/12 10:09】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<手に入れることができるもの。 | ホーム | 大人になるということ。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanasinotoiki.blog69.fc2.com/tb.php/19-04070a14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

名無しは音無くつぶやきます。

to_min

Author:to_min
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。