吐息
つぶやき。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
無駄とは、最大の贅沢だと思う。
人に言うとよく分かってもらえないことも多いのですが、無駄は最大の贅沢だと思っていると~みんです。社会人となった今、学生時代のよくよく意味の無い時間の多い生活を振り返って、より強くそう思うのです。



無駄な時間。無意味な言葉。駄文。

虚飾。虚勢。浪費。空費。



その対極は、

有意義な時間。効率が良い。実用。

実質。実力。堅実。経費。



色合いがずれているところもありそうですが、そんな感じでしょう。



効率も大切だけれど、無駄を楽しむ余裕ももちたい。

無駄な時間、余分な時間。

非効率ではあっても、その手で何かを創りだすその過程。

ありえないと知っていても、物語の世界を楽しんでいたい。



本当に食うか食わずの生活をしていたら、きっと、無駄を駆逐しなければと考えるのかもしれない。しかし、幸運にも、食っていけるだけの生活ができていて、無駄に時間を過しても、やっていけるのだから。



人が虚数(i)を生み出した時、その、実際にはありもしないその数が、世界を創った。表現の領域を一息に広げた。数えられる数では、目に見える数値では、表現することの出来ないその世界を形にした。



虚飾に満ちた世界。

けれど、その虚飾もまた、実像を映すための一つの何かなのではないかと。

意味のあるかもしれない何か。たくさんの可能性。



効率よい時間の使い方。計画的に動くこと。贅肉を省いて、回り道をしないで、まっすぐに目的を達成する。それは、それで、きっと賢い生き方なのかもしれないけれど。せかせかと働いて、人はまるで時間を貯めようとするかのように。無駄を削って、計画通りに、機械のように働いて。タバコの煙を燻らせるのは灰色のひとびと。



世界はどんどん色あせて、色あせて、ぎすぎすとしていく。



そのイメージはミヒャエル・エンデのモモの世界で(笑)



だから、時間の花をその手に抱いていたいと思うのかもしれない。

無邪気に無駄話に付き合って過したりするような時間を

私は好きだなと思うのです。



とても、贅沢なことに。
スポンサーサイト
【2007/12/19 01:11】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<夢と希望のエネルギー | ホーム | ブログとは何か。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanasinotoiki.blog69.fc2.com/tb.php/2-ced2a4f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

名無しは音無くつぶやきます。

to_min

Author:to_min
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。