吐息
つぶやき。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
残業。
【残業】

[名](スル)規定の勤務時間を過ぎてからも残って仕事をすること。また、その仕事。超過勤務。「―して仕事を片づける」「―手当」



残業することに抵抗はなかったけれど、

ちょっと最近頭にひっかかっていること。



結局、残業の常態化というのは、

どうやったら、なくなるんだろう?

どういう現象なのだろう?



残業は規定外の時間です。つまり、どうしても、定時で仕事が終わらなかった時に、しかたがないので残業。これなら、別におかしくない。



でも、毎日毎晩、うちの会社では、日付けかわっても仕事している人がいる。定時は五時半なのに、九時くらいになっても、フロアの半分くらいは人がいる…。そのことを知っているってことは、私自身もたまにそこに含まれているわけで(苦笑)



残業は、やらなければならない仕事の量が、与えられた時間に対して多い場合に生じる。それが、常態化するというのは、すなわち、やらなければならない仕事量を見積もる場合に、初めから残業をフルに行うことを前提としているからだろう。その中で、仕事していくうちに、感覚が麻痺してしまって、残業することに疑問を覚えない。



それによって、残業は常態化する。



だとすれば、残業をなくす一番シンプルな方法は、

会社が、人を、もう一人雇うこと、だろう。

一人にかかる仕事の量が減る。

そうすれば、残業しなくても、仕事が終わり、残業なくなる。



はずである。。



でも、実際には、そうならない。

ただ、(一人分+その人の残業分)、

仕事を増やすだけのこと、だ。





残業は悪いことだろうか?

たくさん働くのは、いけないことだろうか?

むしろ、企業の利益のためには、

働けるなら、働くべき、なんじゃないか?

だから、残業はなくならないんじゃないか?





そんなことを考える。



でもさ、働かされているわけじゃないんだぞ!

残業の時間くらい、各自調整しようよ……



と、まあ、定時五時半の、

うちの部署の人々に、思う。

まだ、今も、仕事してる人、いるんだろうな。
スポンサーサイト
【2008/06/23 23:24】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<残業について考える。2。 | ホーム | 梅雨>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanasinotoiki.blog69.fc2.com/tb.php/38-d8eac4af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

名無しは音無くつぶやきます。

to_min

Author:to_min
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。